PET-BOTTLE POWDERCOATING 粉体塗装が身近になりました!

粉体塗装(パウダーコーティング)が身近になりました!

粉体塗料は、その名の通り粉上の塗料で、有機溶剤を使用しないため地球にやさしいこと、架橋構造で高分子結合となるため耐候性に優れ、上部な塗膜が得られるなど、大変メリットのある金属に対しての焼き付け塗装方法です。

”粉体塗装(パウダーコーティング)は、大量生産向きの塗装方法で、一般的には設備の整った塗装専業工場での塗装方法です。使用する粉体塗料もある程度のロットが必要になります。

塗装ブース、静電粉体ガン、焼き付け乾燥炉(オーブン)など専用の粉体塗装設備と、そして大量供給の粉体塗料で成り立っています。

しかし、時代のニーズは徐々に多色小ロット製品が求められ、粉体塗料の小ロット製造が熱望されるようになってきました”

小ロット調色製造 オンデマンド粉体塗料 「コナール」

私達は1箱15kgからの調色製造粉塗料『Conall(コナール)』により、業界で初めて粉体塗料の小ロット供給を実現しました。今では塗料業界ではなくてはならない粉体塗料として、多くの工業製品にご利用頂いています。
環境に優しい粉体塗料。その普及を増進させるためには、さらに少量で、かつすぐに入手可能なことが、粉体塗装の普及に必要な条件であると私たちは考えました。
私たちは、さらにより多くの人々に粉体塗装を知っていただき、そして利用していただこうと思い、チョコナとコナールショットを誕生させました。

「コナール」と「チョコナ」の違い

「コナール」と「チョコナ」、中身は同じ粉体塗料です。製造場所も製造方法も全く同じです。
違うのはご提供方法です。
「コナール」はご指定色を1ケース(15kg)から製造可能な「オーダーメイド」粉体塗料です。
「チョコナ」は「チョコナ100カラーコード」から選べる「レディーメイド」の常備在庫粉体塗料です。
「チョコナ」にない色は「コナール」での15kgオーダーメイドで対応可能です。

スマートパウダーガン「コナールショット」好評発売中!!

◆コナールショット

「コナールショット」は粉体塗料を塗装するための塗装ガンです。
トリボ(摩擦帯電)方式を採用しているため電源不要で、エア(圧縮空気)と粉体塗料「チョコナ」をセットすれば
塗装することができます。(※下記「使い方」をご参照ください)

こんな方に

 ★粉体塗装をはじめてみたい。
 ★少量で塗装をしたい。
 ★塗装で新しいマーケットを広げたい。
 ★車やバイク、自動車の部品などを塗装したい。
 ★取手や金具など日曜大工に。
 ★丈夫な塗装がしたい。

使い方

1.「コナールショット」接続

 ①建屋など接地できるところに「コナールショット」のアース線クリップを接続します。
 ②コナールショットにお好みの「チョコナ」をセットします。
 ③エア(圧縮空気)を接続します。

2.塗装

 ①粉体塗料が飛散しないように、集塵ブースなどを用意します。
 ②塗装物を吊り下げるフックから建屋にアースをとります。
 ③塗装物を吊り下げます(フックを通じて塗装物にアースがとれている状態。
 ④塗装物から10~20cm離して「コナールショット」でまんべんなく塗装します。

3.焼付

 ①あらかじめ乾燥炉の温度を180~200℃に予熱しておきます。
 ②塗装済みの塗装物を乾燥炉に移します。
 ③焼付時間は塗装物の温度が180℃に達してから20分間です。
 ④所定の時間が経過したら乾燥炉から取り出し冷まします(火傷に注意)。

※コナールショットガンでの粉体塗装を完成させるためには、コナールショットキットの他に圧縮空気(コンプレッサ)、集塵ブース、乾燥炉(焼付け用オーブン)、アースが必要です。

「コナールショットキット」

 「コナールショットキット」には6色の「チョコナ」が入っています。
 同梱のチョコナの色の違いで3種類のキットがあります。お好みにあわせてお選び下さい。
 ガン+各色チョコナ6本(スタンダートKIT、インダストリアルKIT、カスタムKIT)

「コナールショットリミテッド」

 「コナールショットリミテッド」は、チョコナの変わりに空のペットボトルが4本付属しています。
 リーズナブルにコナールショットガンの追加増設が可能です。
 また、ケース(箱)入りのコナール粉体塗料(摩擦帯電対応)などを、付属の空のペットボトルに移して自由に利用することができます。
 粉体量産工場などでは、見本板作成時などに、量産ガンを準備するまでもなくお手軽に無駄無く塗布できて大変便利です。